2006年11月16日。 小窓、屋根裏へ避難。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視聴率、急上昇♪
ますます絶好調な第7話でーす。

ちょっと、抱っこしてみた2人。



平静を装ってみるけど。。。



足がふらついてる~~~っ!!!



ハンギョルに抱きしめられてドキドキが止まらない、ウンチャン。



そしてハンギョルも、やっぱり。。。



ウンチャンが気になって、ついつい見ちゃう。。。


そんなにじーっと見たら、ウンチャンに気づかれるよ^^;;;



慌ててすぐに視線をそらす。(ホント、小学生だっ)



ウンチャンを連れて、本屋へ。
このサロペット(?!)スタイル、どーなのかぁー(笑)


ハンギョルに連れまわされて、グチるウンチャン。
でも、ホントはバリスタになりたいというウンチャンの勉強の
ための本を買いに来てくれたんだよね~~~。
やっさしーーーっ。



そんなところへ、ハンソンアジョッシーから電話。



楽しそうに話すウンチャンを見て、ジェラジェラ~~~。
めっちゃ嫉妬する、ハンギョル。



帰りの電車の中の、ふたり。
コンユ君って、こんなに背が高いんだね。
はるひは電車でつり革につかまること、ほとんどないっす(笑)



混雑した電車の中ウンチャンを守る、ハンギョル。


ふたりは、急接近~。



あの壁紙サジンをみながら(笑)オレは社長で、あいつはただの
従業員だって、自分に言い聞かせてる。かわいーーーっ。



こっそりウンチャンロボをあげたハンギョルだったけど、皆にも
プラモデルをあげて平等にするのね~~~。
しかも他のプリンス達には、ウンチャンよりも大きなプラモデル。
自分には何であんなちっちゃなウンチャンロボなんだよ~~~って
ハンギョルにつっかかる、ウンチャン。



プリンス達が、今日はウンチャンのアボジの命日(?!)だと話してる
のを聞いて、ハンギョルはそっけなく早く帰れよっ!と。。。
つっけんどんに言って、めっちゃ後悔してるよーーー。



ウンチャンには、やっぱり特別なのか?
たくさんのプラモを届けてあげたハンギョル~。
ウンチャン、すごい喜んでるっ。



何で、胸に携帯のっけてるのかにゃ(笑)



ウンチャンからの電話、待ってたんだよね~~~。



ホントはウンチャンからの電話が嬉しいくせに、こんな夜中に
電話してくるなよって切っちゃう、ハンギョル。



自分の行動の怪しさに、「狂ってる、狂ってるーーーっ。」
バカバカ、ハンギョルって、お布団カミカミ。



こんなとこ、めちゃくちゃ、可愛いよん。



プラモのお礼もあって、朝ごはんを一緒に食べようと持ってきた、
ウンチャン。この辺りは、やっぱり女のコだよね~~。
でも、ハンギョルは・・・。



ユジュを呼んでしまうの。



わざとイチャイチャして見せつけちゃったり~。



ハンギョルは、きゅうり嫌いか???



「こいつ、牛乳配達やら、夜食配達やら忙しいんだぜ~~」
って、ウンチャンが勤労青年だってこと、ちょっと茶化して
ユジュに言ってしまうの。



そんな言葉に、傷ついてしまうウンチャン。



ウンチャンがお客様に接した態度について、社長として怒る
ハンギョル。
「お客様から何を言われても、「はい、わかりましたー」って
笑顔で言わなきゃだめだろっ」って。
ハンギョルも社長としてちゃんとしたこと言うのね^^



それでも、朝のことが引っかかってる、ウンチャン。
ついつい、言い返してしまって。。。。



ハンギョルもつられて、
「オマエがかわいそうだから雇ってやってんだ!」的なことを
売り言葉に買い言葉で言ってしまう。。。



ハンギョルの言葉に傷ついて、店を飛び出してしまったウンチャン。
ハンギョルも、ウンチャンも、寂しそうだよ。。。





お風呂場で、ウンチャンに謝る練習をする、ハンギョル。



秘密の部屋で一人遊びするけど。。。



つまんなくって、寝ちゃった。。。(寝顔、かわいーーーっ)



翌日、カフェに現れたユジュに、ウンチャンがケンカして
出て行ってしまったことを相談したりして。
なんだか、寂しそうなのね~~~~。



ユジュのアドバイスによって、
「ゴハン食べよっ」と、ぶっきらぼうだけど自分から電話する
ハンギョル。握りこぶしがかわいすぎるよっ!!!



相変わらず、豪快に食べるウンチャンをみながら。。。



ついつい、こんな笑顔がこぼれてしまう^^



お酒を飲んで、ハイテンションのふたり。



この水場、どこなんだろー。



勤労青年ウンチャンのこと、茶化したわけじゃないんだ。。。
自分には死んでも出来ないから、カッコイイと思ってる。
でも、一発殴ってくれーーーー。


で、(男らしく)殴っちゃう、ウンチャン。
さすが、テッコンドーの先生だよね。



鼻ぢぶーですけど^^;;;
「心から、謝る。。。ごめん。。。。」素直な、ハンギョル。



翌日、カフェに戻ってきたウンチャン。



ねー、このキャプ!!!(@@)
わかる人には、わかるよね^^;;;



ハンギョルもうれしそーだわ。。。



突然、ハルモニが倒れたとの連絡が入って、病院へかけつける
ハンギョル。



ハルモニが倒れたと聞いて、ハンギョルを心配してウンチャンが
訪ねてきて・・・。



ハルモニが胃がん末期(?!)であること。。。
今まで、何で気づかなかったんだろうと、後悔するハンギョル。
「泣きたきゃ、泣けばいいのに。。。」
ウンチャンに言われても、強がってしまうハンギョル。



つらそうなハンギョルを見て
「元気ださせてあげようか?」・・・と。











きゃ~~~、目、つぶっちゃった(><)
8話へ続く~~~~。

























管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 屋根裏の小窓, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。