2006年11月16日。 小窓、屋根裏へ避難。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやーん、もぉ~~~~

様子がおかしいと心配して訪ねて来たハリムに、
「ウンチャンが好きだ」と告白するハンギョル。
ハリムにウンチャンはこのこと知ってるのか?
と聞かれるけど、知るわけないだろ・・・って。
気持ちを整理するから心配するな、と強がってみたけど。。。



ハンギョル、そんなに苦しまないでよ~(?_?)







数日振りにカフェに現れた、ハンギョル。



ウンチャンのことを無視して通り過ぎてしまう。



ソンギや、ミニョプが、ハンギョルが出てきてよかったと
言ってくれたのに対してはこんな優しい笑顔だけど、
ウンチャンには冷たく接してしまうの~~~。



冷たくしても、やっぱりウンチャンが気になるハンギョル。
素直になればいいのに!!



ウンチャンに声をかけられても、2m以内に近づくな?
みたいなことを言って遠ざけてしまうのねー。



そして、激しく後悔。。。



翌日、コーヒーとワッフルを配達してもらえないかとの
大量注文が・・・。



ハリムが機転を利かせて、ハンギョルとウンチャン2人で
配達に行かせるの。。。



配達も上手くいったのに、ウンチャンが話しかけても返事もしない。



ウンチャンは、とうとうハンギョルを怒らせてしまって。。。



そんなに冷たくするなら、なんで兄弟の約束したり・・・。
自分をおもちゃにしたの?
って、ハンギョルを責めるウンチャン。



ハンギョルは、自分は来月アメリカに行くからそれまでは仲直り
しようと提案。(・・・自分勝手だな、オイっ(笑))



涙が止まらないウンチャン。
ハンギョル~~~、なんとかしてよーーー!!!



夏祭りの出し物の練習~。
ニュースでも話題になっていたのは、これですねー。
3日間、猛特訓したとか?!



ハルモニとオンマーがお店の様子を見に来て。。。
来月、本当にアメリカに行くという話をしながらも、
となりにいるウンチャンのことが
気になって仕方ない。。。



そんな話を聞いて、ハンギョルをせつなく見つめるウンチャン。。。



ハンギョル~~~~~っ!!!



仲直りしても、気まずい2人。



アワアワシンクの中で、手が触れ合って・・・。
ドキっ。



夏祭り・コンサート当日。
準備しながらも、ウンチャンを目で追うハンギョル。



そこへ、ハンソンアジョッシーが乱入。



コンサート・はじまるよ~ん。



最後の練習も、ドラマの中の一部とは思えないほど
楽しそうだね^^









ゆーちゃんのポンポコたぬき、かわいー^^
しかしまぁー、いろんなタイプのチョッキを着こなすわー。



コンサートは大成功♪
客席の中にいた、ゆーちゃんスタッフちゃんに気づきました?
このドラマ、みんな総出演だね(笑)



コンサートが終わっても、まだ興奮冷めやらぬプリンス達。
勢いあまって、ソンギがウンチャンとダンス~。



座ってみていたハンギョルが、がばっと~。



さらに追い討ちをかけるように、ウンチャンがコンサートを
見に来ていたハンソンアジョッシーに、ソンムルを渡す。
初めて自分で作ったコーヒー?



はげしく、ジェラシーーーーー。



ウンチャンに向かって、憎まれ口炸裂。
「オマエ、オトコが好きなのか?」
「俺の前で笑うみたいに、みんなに愛想よくしやがって!」
「お前らが仲いいみたいだから、俺もハン・ユジュ呼んでやる~」
って、まさにお子ちゃま。。。



それを聞いたウンチャンは、怒って出て行ってしまうの~。
ハンギョルにお店を辞めろといわれても、お金が必要なの。。。
ハンギョルがアメリカに行ってしまうのに、行かないでとも
言うこともできない。。。
自分は、オトコでもオンナでもない・・・。
どうしたら、いいのーーーーーって、ウンチャン泣いてしまうの。
やっぱり女の子なんだね。。。。
ハンソンアジョッシーが、そっと側によりそってあげて。。。



ウンチャンを家まで送ってくれた、ハンソンアジョッシー。
ウンチャンに「泣いてても側にいて、イヤじゃないんだ。
僕と一緒にいるときは、ありのままのウンチャンでいてくれー。」
って。遠まわしに告白してない??



ユジュを呼び出したものの、ココロは上の空ね、ハンギョル。
もう、ユジュのことはなんとも思ってないのかな・・・?



ウンチャンが、ハンソンアジョッシーとゴハン一緒に食べたり、
遊んだりしている話を嬉しそうにすると、ハリムが
「それって、デートじゃないのか?」と、するどい突っ込み!



耳ダンボの、ハンギョル。
キーボード、めっちゃバシバシ叩いてる!



後片付けをしているウンチャンのエプロンの紐が
ほどけていることに気づいて、直してあげるハンギョル。



急接近~~~。
とうとう気づいたか???



と、思ったら、オトコのくせになんでこんなに痩せてるんだーって。
そーじゃないってばぁ!!!早く気づいてくれー、この鈍感!!!



とっさに近づきすぎて、照れるハンギョル。



そこへミニョプがやってきて、妹のウンセからメールが来たと
大喜びでウンチャンに抱きつくの。



ハンギョル、慌てすぎだよっ!!



ミニョプをどついた(笑)



ハンソンアジョッシーと電話中のウンチャン。
背後から~。



ハンギョルが(--;)



そんな時、お客様に出したコーヒーカップが汚れて苦情が・・・。
オマエがチャラチャラ電話しながらやってるからだろって、
叱ってしまうの。怒ってるのは、そのことじゃないよね^^
そしてウンチャン一人をカフェに残して帰宅してしまう。



プリンス達もご帰宅。そして、ひょんなことからウンチャンが
女の子だとハリムも知ってしまうことに。。
ハンギョルがウンチャンのことで苦しんでいるのか知っている
ハリムは、ウンチャンが女の子であることを皆がハンギョルに
隠していることに激怒。
皆は当事者の問題だからほっとけ・・・・って。



帰ってきてしまったけど・・・。
ハンギョル。。。また思い出しちゃったよ。
この子も妄想が激しいわーーーー。
そして、車は車線を変更して。。。



やっぱり、戻ってきちゃった!



わ・・・。



わわわわわーーーーーっ!!






きゃーーーーーーっ!!!









一度だけ・・・。一度しか言わないからよく聞いておけよっ。
オマエが好きだ・・・。(言った~~~~!!!)
オマエがオトコでもエイリアンでも関係ない。



気持ちの整理をしようとしたけど、無理だから。。。
行ってみよう、行けるところまで。。。
いったん、行ってみよう・・・・。ん?








きゃはーーーーーーん(><)



とうとう危険水域へと突入することを決意したハンギョルだけど~。
どーなってしまうの????
11話へ続く・・・。





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 屋根裏の小窓, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。