FC2ブログ
2006年11月16日。 小窓、屋根裏へ避難。
この回も・・・。切なくて苦しかった~。

前回、ラブラブモードに突入しちまった、2人。
ポッポして別れてから、間もないのに
「ポゴシプター」とお電話してしまう、ハンギョル^^



電話の向こうでテレまくるウンチャンが、電話を切ろうとしたけど、
「もうちょっとこのまま・・・」
なんて、甘えて電話を切らせない(笑)
この、お電話魔めっ!!!きゃわいすぎーーーーっ。

あっ、ちょっとお髭が伸びてませんか?
ゆーちゃんは朝剃っても、夜にはボーボーになってしまうのか(?!)
さっきポッポしたばっかりなのに、繋がってないぞ(爆)



翌朝、ウッキウキ~でご出勤♪
ニマニマもー、笑いがとまらない。ちょっとした、ヘンタイ君(笑)
そこへ、お電話が・・・。



アボジのチングと称する、おっさんと会うハンギョル。
ハンギョルの、本当のお父さん。。。
このことも皆が知っていて、知らないのはハンギョルだけなのよね。
しかし、ちょっとこのアボジ。。。
建築家の黒○氏っぽいのが、めちゃ気になる(笑)



おっさんが、別れ際にくれた1枚のおサジンに映っていたのは、
ハンギョルの本当のお母さん。



実のオンマーのおサジンを見てつらくなってしまったハンギョル。
カフェに来て、真っ先にウンチャンを探します。
は~、ウンチャンを見つめるこの表情!!!
とろけちゃうよーーーーっ。



今日こそ、自分が”ヨジャ”だと告白しなければと、意気込んで
きたウンチャン。それでも、やっぱり言い出しづらくて。。。
ハンギョルの顔さえまともにみられなくて、ついそっけない態度
をとるウンチャンに、「モリがあっぽーーーーっ」って。
甘えすぎだよっ!!!



アボジチングと会って、オンマーの話を聞いて、おサジンを
もらったことをウンチャンに話す、ハンギョル。



どうして、こんなに気持ちが重苦しいのかな。
ウンチャン、こうやって慰めてくれよ・・・って(撃沈)



すっかり恋人気分のハンギョルは、ウンチャンと手を繋いだり。
ウンチャンは、そんなつらそうなハンギョルを見て、
ヨジャだってこと、とうとう言い出せなくなって。。。
(ゆーちゃん、おててが本当にきれいねーーーー。)



オンマーのことでつらかったのに、ウンチャンにヨジャだと告白
されたのかと勘違いしてしまったハリムが、

「ウンチャンがオンナだったなんて、オレもしんじらんねーよ。」

と、つい口を滑らせてしまう。



ハリムの一言を聞いても、信じなかったハンギョルだけど。。。
ウンチャンが、オトコだって証拠、今まで見たことあるのか?
ないだろーーーといわれて・・・。

「オマエ、オンナなのか?答えろ、こんにゃろーーーーーっ!!!」

あーーーーー、とうとうやっちまったよ。
ハンギョルの怒りが大爆発。。
でもそんなに胸の谷間全開では、冷静にお答えできましぇーん。。



こくっと、うなずいたウンチャンを見て、お店を飛び出してしまう。



ウンチャンが猛ダッシュで追いかけても、行っちゃうのね~~~。



ウンチャンと初めて会ったとき、「お前、オンナか?オトコか?」
って聞いたとき、ゴニョゴニョごまかしてた。

身分証明にと住民登録番号を聞き出したとき、とっさにウンチャンが
女性の番号を言った。。。

ハンソンおっぱーの展示会に、怪しい女が来てた。。。

「もし、自分が女なら付き合いますか?」とか、聞いてきた。。。

・・・って。ようやく気づいたハンギョル。
今まで他にもイサゲ~と思ったことなかったのかしら。



怒りに震える、ハンギョル。。。
あーこれって、漢江かな~~~。夕焼け、めっちゃキレイです!!



誰と誰が知ってたか、言え。カフェの皆も知ってたぞ。

ハンソン兄貴も知ってるのか?
ハン・ユジュも知ってるのか?

答えろ、こんにゃろーーーーーっ!!!

あー、もう怒って手がつけられない。

ウンチャンが電話で謝って、泣きながら会って話そうといっても、
取り付く島もなし・・・(>_<)



ハンソン兄貴まで、知ってたという事実を聞いて、ハンソン兄貴の
家を訪ねるハンギョル。
ウンチャンがヨジャだと知ってて、なぜ言わなかった?
と、ハンソンアジョッシーを責めるハンギョル。



ぱこーーーーん。殴っちゃった!



ハンギョル~、今、ハンソンあじょっしーはそんな状況じゃないのよ。
ユジュに、ウンチャンが好きなんでしょと指摘され、ハンソンアジョ
ッシーを再び捨てて、強引でもなく、あまり冴えない感のある金持ち
の元彼(?!)と一緒にNYへ行ってしまうって言い出して大喧嘩中。



そんなハンソンアジョッシーの状況なんておかまいなしの
ハンギョルは、ユジュに電話してしまうの。

ハンソン兄貴が展示会に連れてきてた女って、ウンチャンだろ?
ハンソン兄貴が好きな女って、ウンチャンだろ?

って、パボ(==)



ハンソン兄貴、子供じみたハンギョルの行動に乗せられてしまい、

「ウンチャンが好きだ。でも、ウンチャンは違う。
これで気が済んだか!!!」

って。。。ウンチャンが好きだと言ってしまうのね~。



皆に裏切られ、ボロボロのハンギョル。
家に帰るとそこには、ウンチャンが待ってた。。。



話を聞いてください、と言っても聞く耳持たないハンギョル。
それでもウンチャンは、最初はお金が目的だったけど、お店も
辞めたくないし、社長がどんどん好きになって言い出せなく
なってしまったの、ごめんなさいって。。。



コ・ウンチャン。正直に言えよ。騙してたなんて、ウソだろっ?
1日やそこらじゃなく、今までずっと騙してたなんてウソだって、
そう言ってくれよ。なっ?



ミアネヨ・・・。
力なく答えたウンチャンの言葉を聞いて、ハンギョルの目から
大粒の涙が。。。。(わーーーーん)



あーーーーん。ハンギョルの心境を思えば切ないシーン。
でも、ズブ濡れ姿が、かっこいい~~~



がっ、しかし昼間っからハンギョルの家にオンマーが訪ねて
来てたの。って、↑の状況では家に帰ったら電気真っ暗だった
けど、どこに隠れてたん???

そーそ、ハンギョルは今朝、おっさんと会って実のオンマーの
おサジンを見て本当につらかったのにね。。。
とんでもなく大変な1日だったんだわーーーー。



この世で信じられるのは、オンマだけみたいだ。って。。。
相当、傷ついたよね。。。



心配したホン社長が、ハンギョルの様子を見に来たんだけど。。。
ゆーちゃんの、長パン、これまた(@@)
しかも、またまたツンツルてーーーーんっ。



ホン社長が、自分が愛して尽くした女性が結局他のオトコと
結婚してしまったけど、それでもその女性が好きだから
しかたないさ~~~という自分の話をして、ハンギョルを
説得しようとするんだけど。。。
ウンチャン・オモニのことかな?

ハンギョルは、怒っても別れられないられないなら、
ウンチャンを許せってことですか?と、言うけど・・・。
悩んでるね~。



翌日カフェに来たハンギョルは、すぐにウンチャンに出てけと。。。

オレが、今までどんな思いだったか、しらなかったのか?
海に行って、どんなにつらかったか。。。。

オレがオトコが好きだと言い出して、行くとこまで行ってみようと
言い出して、面白がってたのか?

本当に知らなかったのか?答えろ、こんにゃろーーーーと
ウンチャンを責めまくる。

ウンチャンはこんな風に怒ると思ったし、もうすぐアメリカに
行ってしまうし、言い出せなかったの。。。と。

アメリカに一緒に連れて行こうかとまで考えてたのに、
何もかも捨てようとまでしたのに・・・。
オマエにとってオレってなんだ?



女じゃなくて、よかったって言ったじゃない!
オトコでよかったって。。。だから・・・



その言葉に火が着いちゃったハンギョルが、おっ!



おぉぉぉーーーーーーーっ!!!(強引)



オトコの時のほうがよかったな。(捨てゼリフ)



オマエには、オレの気持ちなんて関係ないんだなっ。
と、去ってしまうハンギョル。



ボー然とするウンチャン。えーえーっ!
12話へつづく。。。。























管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 屋根裏の小窓, All rights reserved.