FC2ブログ
2006年11月16日。 小窓、屋根裏へ避難。
お待たせっ!!!・・・って、誰も待っちゃいないか(笑)
13話からは悶絶LOVEx2モードですっ。

バリスタになりたいウンチャンは、コーヒーのお勉強中~。
ハンギョルは、勉強なんか明日からやれ。
ウリ、デートしよーよ~~って。甘えんぼ^^

じゃ、映画?ショッピング?ドライブ?どこ行く~?って聞いたウンチャンに、
家でDVD見ようぜーーーーって。(下心あり?)
そだ、ファンミでもデートは家でいちゃいちゃ派って、言ってたよね(笑)



甲斐甲斐しく、ラーメンを作ってあげるハンギョル。



後片付けは、かいばいぼーで決めようっていうウンチャンに、5文字トーク?しよーと・・・。

「俺のこと、すきだろ?」

「当然でしょ」

「いつからだ?」

「キスしたとき」

「キスっていつの?」

「お見合いしたとき」

「そんなに前から?」

5文字トークって、それが聞きたかったのねーーーー。



お国柄の違いですが、ラーメンを食べるときの必需品って、
なんで鍋のふたなのよ~(笑)
絶対、食べにくいと思うけど・・・。
じゃれ合う2人、本当にかわいいね。



歯磨きする2人。すでに、歯ブラシがおそろいなんですけど(--)



歯磨きしたのに、アイスクリーム???
もう少ししたら、アメリカに行ってしまうんだねーって寂しがるウンチャンに、「一緒にいくか?」
って聞く、ハンギョル。
ウンチャンは、行きたいけど、まだ結婚は考えられないし、オンマーやウンセを置いていけないって。



結婚しなくても、一緒に向こうで暮らそうっていうハンギョルに対し(まあ、イマドキ普通よね)



一緒に住んだら。。。一緒に夜を送ったら、結婚しなきゃでしょーーー!!!って、
切り替えされた。見た目とは違って古風でガードが固い、ウンチャンに、ドギマギ。



一緒に夜を送ったら結婚しなきゃいけないなら、手を繋いだら婚約すんのか???
って必死に言い繕ってるけど、焦りまくってるーーーー。きゃわいい^^



この見つめる視線、もぉーユン・ウネマジックにかかってます、ゆーちゃん!!!



寝っころがってしまったウンチャンに、起きてアイス食べろよ~~~って起して・・・



不意打ちで、きゃはーーーーん。



ハンギョルオモニは、朝から蟹まるごと1匹入りの豪華なスープ作り。
ハンギョルは、オモニに対して本当に優しい表情するよねーーーー。



そしてハルモニと出かけたのは、納骨堂。。。
ん、んん???ハンギョルが生まれる前に亡くなってるようですが・・・(笑)
まあ、ケンチャナ~~~。



ハルモニから、この前会ったアボジチングのおっさんが、ハンギョルの実のアボジであると
聞かされるの。。。。



真実を聞かされ。。。



ハンギョルの涙。。。
ちょっと、乾パンのシーンを思いだしちゃった。
テインも、亡くなったオンマーの納骨堂の前で泣いてたよね。



ハンギョルは、アボジから本当の話をきくことに。。。
ハンギョルの実のオンマーのことを愛していて、結婚の約束までしていたけど、ハルモニに
反対されて、あきらめて捨ててしまったと。。。
そして、自分の友達であったあのオッサンも、ハンギョルの実のオンマーが好きだったって・・・。
今まで、アボジに反抗的だったハンギョルにとっては、青天の霹靂。。。
混乱するのも、当然だよね。。。



ウンチャンを呼び出す、ハンギョル。。。



なんだよー、この格好はっ。羨ましいわん。



ハルモニとアボジから聞いた真実を、淡々とウンチャンに話すの。



そんなハンギョルの姿に、切なくなってそっと抱きしめてあげるウンチャン。



ハリムから、ハンギョルがブロックデザインの仕事でアメリカへ
行く夢を3年間待っていたと聞かされていたウンチャン。
ハンギョルを思って、送り出そうとするのね。
軍隊に行ったと思って、ここで待ってるから頑張って
勉強してきなよ、と・・・。



行くのやめようか?って聞く、ハンギョル。



行かないで、とはいえないウンチャンだけど。。。
でもアメリカ行っても、浮気しないでね・・・って、そっと釘を
刺してる。社長、モテるから~~~って。
一緒には行かないといっても、やっぱり女の子だね。
1年経ったら、お金貯めて会いにいくよ~って。



こんなに可愛いくって会いたくてたまらないのに、1年も会えない
のか?ありえねーよって、ハンギョル。。。
うんうん、はるひも、ありえねよーーー。



実のオンマーのことや、アボジのことを聞いてつらい1日だった
ハンギョルへ、家に帰ってから「おやすみー」ってそっとメール
を送るウンチャンに、デレデレのハンギョル。



翌日、カフェに出勤したハンギョル。
オンマーのことで苦しんでいないか、心配するウンチャンだった
けど、元気そう~。そりゃ、ウンチャンに会えば・・・ね。
社長、今日もカッコイイーーーってウンチャンに褒められ、
照れるハンギョル。



ハンギョルとウンチャンがラブラブ・いちゃいちゃしまくってる
間、ハンソンアジョッシーもユジュと仲直り。
ユジュが戻ってきたと、嬉しそうにハンギョルに報告~。



電話を切った後、キッチンの後ろからなにやら話し声が。。。
またまた、耳ダンボのハンギョル。



ハリムが、ヒョンとは上手くいってるのか?
もう、スキンシップしたのか?って、お節介にも聞いてきて。。。
オトコってのはな、オンナと違って・・・ごにょごにょと
純情なウンチャンにレクチャーするの。



ハンギョルは、ハリムにウンチャンに余計なこと言うなよ!!!
って、大激怒。
ハリムは、ウンチャンはオレのマイチャン~なんだから別にいいだろ
って言い返すけど、オマエのじゃねーよ、オレのマイチャンだろー
がっ!!!って、子供みたいに・・・(笑)
何でもウンチャンに頼るミニョプやソンギに対しても八つ当たり。
ウンチャンに頼んだ掃除も、お前らオトコだろーが。
ウンチャンにやらせず、お前らがやれよっ!!!って、社長の
鬼権限行使。
ソンギに、おもしれーヤツって軽く呆れられてるし。。。



プリンス3人衆は、ウンチャンに「奥様~」「奥様~」って。
どうか俺たちが奥様に親切で、仕事も一生懸命やってるって、あの
バカ社長にちゃんと言ってくださいよって、急に態度激変(笑)



プリンス達にべ~~~~~って。めっちゃ、かわいい。



一体、どーしたの???って聞くウンチャンに、
オマエが大変だからじゃないか。。。ってさ。
完全にアホ社長だ。



デレデレしまくってるとこに、オンマーからお電話が。。。
実アボジが、明日発つから空港へ見送りに行ってきなさいって。。



ウンチャンとお電話する、ハンギョル。
なんて励ましていいのかわからないって、戸惑うウンチャンに、
何も言わなくていいよ・・・って。



ウンチャンなりの、ハンギョルへの応援。
すごくかわいいね^^



家のドアを開けたら。。。



チカラの出る、ウンチャン牛乳の差し入れ。



喜びすぎですっ!!!



空港へ行ったハンギョルだけど、ちょっとぎこちない距離。



朝ごはん食べたのか?ちゃんと食べなきゃダメだぞって
言われて。。。。やっぱり、流れるものは親子なのね。



そして、実アボジ出発の時。。。
ハンギョルは、アボジに一言も、言葉が出ず、
何もいえなくて・・・。



アボジが行こうとしたその時、あの・・・。
と、声をかけるハンギョル。

「息子さんが、いると聞きました。名前は?」

どうやら、弟がいるらしい。。。
オマエに似てる、っぽいこと、言ってた。



そして、別れの握手。。。。



交わした言葉は少ないけど、ハンギョルは実アボジの背中を
そっと見送るの。。。



空港から帰る途中、ウンチャンに報告。

ウンチャンの牛乳でチカラが湧いて、実アボジにあって、
涙を見せず、ちゃんと見送ったぞ!って。。。
そしてウンチャンに言うんです。

俺たち、何でも話そうなって・・・。

愛してること、寂しいこと、怒ってること、うらんでること、
なんでも。。。
お互い知らずに隠して痛がるより、何でも話そうって。。
ウンチャンも、これからは全部話すよ。。って。




にまっ、にまっ。15話へ続く~~~~。




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 屋根裏の小窓, All rights reserved.