FC2ブログ
2006年11月16日。 小窓、屋根裏へ避難。
ただいまーーーーっ。

更新、遅くなってミアネ。
不在の間、ミッションまだかよーーーーの、つっつきメールが
鬼のよーに溜まってる~~~~~!!!たすけてくれーーーーーー。

20080216.jpg

みなたん、オヒサシブリです^^

ウリ王子、おととい帰ったねー。っつか、もー、ホント疲れた(爆)
極秘来日&隠密行動~って言われてもさー、あんなに大々的に

2月16日に埼アリでファンミ開催♪と告知しといて、

今さら、何をどー極秘にしろと?!

って感じでしたよねえ・・・。入国から、帰国まで、ホント大騒動~。

はるひは、仕事で15日お迎えに行くことはできいので、会えたら
レポを送ってくれ~と、皆様に連絡してたんですがね^^;;;

「ねー、どんな状況?」

「どこ?どこ?」

と、仕事中、どんどこ着信メールが・・・。

だから、

知らねーよっ!!!(爆)

最初は机の下でコソコソやってたけど、そんなんじゃ返信が間に合わねー!!!
お客が来ないのをいいことに、受付ガール、左で代表電話をお取次ぎ~、
右手で携帯メルメルしながら、チングの連絡をお取次ぎ~(笑)

夜になっても、

「スンホン・・・まだ来ないデス」

「飛行機が遅れてマス」

という状況報告をもらうたびに、翌日のファンミの内容がうっすら見えてくる
ようでもありました(笑)

「やっと来た~~~~!!!」
「可愛かった~~~~!!!」
「全身黒ずくめの忍者・スンスン。アニ、ニンニン登場~~~~!!!」

いつもの軽いステップでモップかけ掃除中、よーやく皆から感激のメールを
もらってほっとしたのが、午後10時近くだったよね~。
みんなもお疲れだが、はるひの右・人差し指も、お疲れ(笑)
そんなんで、空港に行かず待機組だったはずなのに、ファンミ前日から、
瀕死寸前でした~。

ファンミの前はぐっすり寝て、お肌の調子を整えてから~と思ったけど、
結局寝れたのは1時間弱・・・。

ここからが、ホントに長い一日の始まりでした。

午前4時台の始発で朝イチ勝負にお出かけ。
前夜黒ずくめと違って、朝・スンスンは白ジャケ&大門。

そして12時過ぎにファンミ会場へ到着~。
ウリ相方と、感動の再会~~~っ(涙)
みどりの窓口前で熱い抱擁っ♪

スンスン初来日以来、1年数ヶ月ぶりの再会の興奮もそこそこ、イルタン、会場へ。
ここでもう最後になるかも(笑)と執念記念に公式パンフとチョコをお買い上げ。
今回は並び時間30秒^^;;;あれれー、こんなあっさり???
パンフは一度見たが、もう一生開かない気が・・・。
チョコは賞味期限切れ寸前まで、うちの非常食にしとこ(笑)

しかし、ど田舎からスンスン・ファンミ初参戦のウリ相方・・・。
ファンミグッズを思いっきりスルー。
いつの間にやらお地元はるひも知らなかった埼玉県ご当地キャラ(?!)
「サイタマン」↓を駅売店でゲットしてひとり、きゃっきゃ、喜んでたわ。
夜遅く、ホテルへ帰っても

「ねーねー、サイタマン見る?」
「ねー見たいでしょ?サイタマンっ」

って、しつこい(笑)でも、そんなピュアな相方が大好きよ~ん。

img10332172083.jpg


会場で、連絡くれたお友達とはだいたい会うことができました~。
懐かしい顔ぶれ。(←、あれっ???ワタシのほうが懐かしいか^^;;;)
皆には、開口一番、

「ゆーちゃんのお見送り、どーだった???」

と、聞かれた(爆)

ファンミの内容はもうあちこち挙がってるし、みなたんすでにご存知でしょうから、
詳しいレビューはカッツいたしますが^^;;

004.jpg


今回はファンの皆さんからのご要望を承り(笑)会場にお越しの皆様に
できるだけご不満のないよーに、との配慮はうかがえましたね~。
ファンが壇上に上がるのは見たくないけど、抽選でスンスンの私物とか、
そういうドキドキ感はもうちょっと欲しかったかも。
今回は、当たる気満々だったのよね~^^

anyband2


はるひ達のお席はアリーナA4で、スンスン立ち位置真正面~。
横道ガールズがこんなにいいお席ですみませーーーーん。
皆に、恨めしがられた^^;;;
ジャングル育ち、視力2.0のウリ相方は、ばっちり見えたって。
ド近眼のはるひでさえも、スンホンの表情ひとつひとつ、肉眼でしっかり、
見ることができました。

anyband3



約3時間、スンスンとひとつおなじ屋根の下。
軽く毒舌を交えながらも、久しぶりに見たせいだろうか(笑)スンホンの姿にすっかり

横顔がかわいーわぁ~。ホント、綺麗だわぁ~。
かっこええー、まつげ、なっげーと、感想を言うたび、ふぁーーーーっといちいちため息。

「ゆーちゃんと、どっちが可愛い???」と、聞かれたんだけど~答えに困った^^;;;

アニ、冷静に考えれば断然、うちの子のがかわいーです。

ウリ相方と、ミラクル横道onniと、お友達と、皆でワイワイ騒ぎながら
スンスン見物(笑)ホント楽しかったです。
ジャイケルホニ~のようなスンスンの出し物がなかったので、それはちょっと
寂しかったかなあ・・・。
でも、宿命のメーキング映像はめたんこカッコよかった!!!
あ~、ホントに早くみたいーーーーーっ。
ねーあのMVの曲、歌ってるの、ソンモぢゃなかったですかい???
高音の伸びが似てたような気がしたんだけど、ちょっと違ったかなあ・・・。
女性ボーカルのほうは、SeeYaだったのかなあ・・・。
曲調が、思いっきりこちらの所属社お得意のヤツだったねー。
OSTもたのちみ~~~。

会場のセットにシャンデリアが降りてきて、ここ(埼アリ)をジブンの部屋のような
雰囲気にと思って・・・と。スンスン、台本通りの言葉(←場内、失笑)
「ピョナゲ~(気楽に~)」って、くつろげるかいなっ!!!
ぢゃ、実際のスンスンお宅はどんなの???って、見てみると、
さすが、金持ってんなーーーーーーというお宅でしたわね。
でもそのインテリアのセンスはどーなのかいっ(^^;;;

bd3


bd4


anyband5



すったもんだの物議を呼んだ、例の出し物&シニョニ大合唱も
成功したのか、よくわかんないけど・・・^^;;;
軽い失笑のホニを見るのも、またオツですわー。
小さな女の子がくにゃくにゃ体操やったのは可愛かったんだけど、

「いくちゅ~~~???」

って聞いたスンホンのほうが、

めたんこ、かわいーーーぢゃん!!


クリゴ、スンスンが最後、ファンに向けたメッセージの中で、

「本当は一人ひとり抱きしめながら、感謝のキモチと愛しているという思いを
伝えたいです・・・」

と言ったその瞬間、

ホンマかいなーーー

と、ウリ相方が何気なく放った毒舌・爆弾発言に、アリーナA席が大爆笑。

その後、Timの「さらんはむにだ」を歌ってくれました~。
「I Love You」に続き、なんで、ゆーちゃんのオハコとかぶるのかしら(^^;;;

ホントに、甘い声でお上手~~~。
スンホンが歌うその横顔を見ながら・・・。不覚にも泣いてしまいました。
いや、はるひがお歌で泣くのは恒例か・・・^^;;;
ウリ相方には、「それ、何の涙?ぷはははぁ~~~」
と、突っ込まれたけど、ホント感動したんです。

11.jpg


bd1


6.jpg


様々な演出も、まあまあ収まるところで着地したという感じだったでしょうか~。
デカい箱モノでは、もう演出ネタが出尽くした感ですかねー。

アンコールで歌った「キド」。
欲を言えば、今まで聞いたことない歌も聞いてみたかったけど、
スンホンにとっては、一番心配なく歌える曲だったかもね。
なにしろ、当日リハのみですから(←強調)

それでも、やっぱり1万人以上をたったひとりで集客できるスンスンの偉大さ、
改めて感じました~。
いやあーーーー、大物っ。

あっ、ちなみにバックステージご当選チングのお話ですが・・・。
1時間ほど、会場のお席からリハを見せてもらったようです。
ファンが固まって見てるとスンホンの(?!)気が散るから、という理由で会場内、
バラバラに座らされたって。
っーか、ウチの王子、そんな神経質かぁ~~~~???(爆)

約1時間、ほぼぶっつけ本番でファンミに臨み、台本通りお上手に
やり抜こうとするどこまでも真面目なスンスンをご覧になれたと・・(笑)
最後、ステージ裏へ呼ばれて・・・じーっと見つめて握手のみ。
ハグなし~、スンスンとも会話なし~だったみたい。
でもでも、すごいよねっ。
スンスンの手はふわ~~~っと柔らかくて、そんじょそこらの小粒韓流スター
とは比べ物にならないほど、違ったそうです。わーん、うらやましいぜ~~~~!!!

bd2


ファンミも楽しかったんだけど、”アフター”が一番のお楽しみっ。
昔からの仲間とのオフ会。

皆が、

「おかえり~~~~~っ」

って、迎えてくれたのがホントに嬉しくて・・・、泣きそうだったよ。
どうもありがとー。

韓国料理を食べながら語り合って、深夜、渋谷のホテルでウリ相方と
横道ガールズonniと3人でお泊り。
絶対寝ないと思ったけど、さすがに前日の睡眠不足がたたり、
真っ先に寝ちゃった・・・^^;;;

おやすみーーーーー、スンスン。
(あー、この日はうちの子の事をまったく思い出すことなかったわ、ミアネ・・・)

その2に続く~~~。








やっほ~い 待ってました!!!
はるひたん はるひたんを囲む窓際族の皆様
おばはんです。
あんにょ~ん^^

本当に本当にめたんこめたんこ楽しくて、
こんなドキドキ体験初めてだよ~
そして一緒にダッシュ&この日に沢山の時間賭けてくれて
本当に感謝の気持ちでいっぱいだじょ~~。
寒空の中 皆さんとご一緒に足踏みマラソンも
楽しくて、キャサリン特ダネ出演も面白くて・・・。
何もかもが楽しかったです。
素敵な皆様と又お会いしたいです。

心配していた給食の割烹着なんですが・・・
ウリタルが2人分のアイロンしてランドセルの上に並べてありました。
もうなんでも出来る歳になったのね・・・
を再確認。
又 行くぞ~と決心した次第です。

レポ読んで笑えた~
おばはん出場してるし・・・サイタマンまで 笑
ほんとにありがとね。
大好きだよ~ん。


【2008/02/20 11:09】 URL | おばはん #vdA3aT7k[ 編集]
はるひたぁ~ん、おばはぁ~ん、にょんにょん^^

はるひたん、ながーーーーいレポめっちゃ楽しかったよ。。
ホニ愛・・どこへやら・・状態でしたが、かなり引き戻されました。
もう~~本当にめちゃんこかっこよかったねv-10

やっぱりウリ王子ですよ~~格が違うわーーー
こんなめたんこ幸せな時間が過ごせたのもはるひちゃんのおかげよ・・・ちょんまるこますみだぁ~~

おばはーーーーん、1年ぶりの再会・・本当に嬉しかったよ
今回は一緒にあふたーをめいっぱい満喫できて・・・
本当にお世話になりました。楽しい時間が過ごせましたv-411
またいつかご一緒しましょうね

ホニの元へ戻ってきてくれて嬉しいよーーーって沢山の
ホニペンさんが歓迎してくれてちょい照れ・・^^
お世話になった皆様・・本当にありがとうございました。
【2008/02/20 23:41】 URL | pokorin #eYkogmZQ[ 編集]
pokorinおんに にょんにょ-ん♪
一つ屋根の下 嬉しかったです。
今年はすんすんとではなく三姉妹一つ屋根の下物語
楽しかったです。
ほんとにありがと~~
2000円をけちって。お土産を意地でも送らなくて、でっかい荷物を持たせちゃったり、反省しとります。
ボンビーおばちゃんを許してね。
執念記念にどう???
ぱぼちゃん2人と一緒に再燃しちゃいましょ~~
ではでは ますますあちこち頑張って~ 笑

【2008/02/21 08:29】 URL | おばはん #GknAAfLs[ 編集]
おばはーん、pokorinオンニー。
3姉妹ひとつ屋根の下物語。
めたんこ楽しかったねーーーーっ。
一番末っ子のワタシが田舎モン2人を連れて、
都会をフラ~リフラ~リ(笑)
ファンミもアフターも、皆で一緒に過ごした
時間、超楽しかったぁーーーーー。
でもさ、よく考えてみたら写真1枚も撮ってない・・・。
記念にうちらのサジンカメラにおさめときゃよかったよ。
あー、失敗、失敗。
皆におばはんを紹介できてよかったよ^^
皆、大雪でちゃんと帰れたのか~、かっぽーぎの
アイロンどーしたか、心配だったからさ(笑)

また再燃しよーぜっ。
ご一緒してくれて、ホントにありがとう~~~~。
【2008/02/22 09:14】 URL | はるひ #6x2ZnSGE[ 編集]
はるひちゃん、おばはん、pokorinさん アンニョンv-222

楽しかったようですね。タヘンイダv-218

私も楽しい3泊4日でした~。ホニ近くで見ちゃったし・・・私だけに手を振ってたわぁv-221やっぱり王子様でした。綺麗でしたね。あの顔おかずにあと3ケ月 パブ モゴッソヨ。v-271

アフターも楽しくて、ホテル3日間いつも午前様でしたわん。ホテルの人「このおばちゃん達 何してんの・・・」って思ったかも。初新大久保も体験して。コプのダイアリー買いそうになって「い。いかん。はるひちゃん情報だと 韓国では9000wだに」って我慢したりして・・・その割りに 帰宅したらネットに出回ってそうなサジン買ったパボですぅ。

韓国広場で買ったラウミョン食べて、ゆず茶飲んで、韓国キブニ 満喫しとります。

はるひちゃん、逢えませんでしたね。もしかして私から逃げ隠れしてた?(爆)ハジマン オンニは サランへ~v-238
【2008/02/22 17:50】 URL | akita #dfsFvJus[ 編集]
おーおー、akita姉さん。
お会いできず、残念でした~~~。
おばはんと、姉さん探すも・・・あの人数ぢゃねえ^^;;;
姉さんも、スンスンのきれーなお顔とゴタイメンできた
ようで、本当によかったです♪
はるひも、スンホンというおかず、1品増えましたわ^^

新大久保はほぼ毎週のように行ってるので、
何か欲しいのあったら、買っていつでも送りますよー。
はるひも、ゆず茶は愛飲しとります。

姉さん、サランヘーーーーっ。

【2008/02/23 05:35】 URL | はるひ #6x2ZnSGE[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 屋根裏の小窓, All rights reserved.